2004年09月21日

FX7のあれこれ

 DiamgeXiを持っていたのですが、人に撮ってもらおうとしてシャッターを切ってくれないという悲しい出来事がまた起こってしまったので、LUMIX FX7を買いました。
 (Xi・・ピントが合った時の動きが、シャッターを切ったのと勘違いしてしまうらしいのです。急にお願いしなければならない状況が多いので”音有り”に設定変更するのも大変、ミスったからってまたお願いするにも集合写真だったりすると大変。)

 で、Dimage(Xi)ユーザーとしてFX7を見ると、
 
 液晶が大きい ○ みんなで見るのに非常にいい
 ズームボタン ○ 使い易い
 動作の機械音 △ DVカメラっぽい
 フォーカス  △ ちょっと遅い?
 レンズが出る △ OFFにして直ぐにポッケにしまえない
 メニュー操作 ○ 十字ボタンだけで事足りる
 撮影枚数   △ 画素数が増えた分、同じ容量のSDでは。
 フラッシュ設定△ 多すぎる感じがする。パッとOFFにしたい。
 手ぶれ    △ 下記参照

 ・・このFX7の最大の特徴は手ぶれ防止機能ですが、なぜ△かというと、、 
 手ぶれ防止機能がある事が『普通よりワキが甘くなる』という油断に繋がっているのではないかと勝手に想像してます。結果、普通のデジカメと同じように手ぶれ写真が数点混じる結果となってしまいました。
 でも、本当に同じ条件で比較したら断然少ないんでしょうけれど。

 ちなみに、KISSデジも持っているので、630万画素と500万画素という画像の違いを比較をしてみると。(一眼と比較すること自体ナンセンスですが、一応。)
 
 Kissデジが綺麗に撮れます。店頭では、小さな液晶と、メーカーの力作サンプルしか画像比較が行えないので、わかりにくいですが、撮影してPCモニターで見ると、一眼レンズ、デカイCCDの威力を感じます。(Kissデジも手ぶれはISレンズで解消できますし。) 
 比較しての話しで、常にCCDは進化しているので、それはそれで良くなっている訳ですが。。。
posted by tomozo at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月13日

温泉卵を作る!

 懸賞サイトに応募して見事に温泉卵器をGETしたので、早速温泉卵を作ってみました。作り方は、簡単。この器の中に卵を置いて、沸騰したお湯を入れて、15分程度待つだけ。しかし、奥が深かった。。
即納!カラー2色ホカホカ温泉タマゴ器忙しい朝はレンジでチン1回で5個の温泉卵
即納!カラー2色ホカホカ温泉タマゴ器忙しい朝はレンジでチン1回で5個の温泉卵

 1回目・・・殻を割っても殻に中身が張り付いて、スプーンでそぎ落とさないと出てこない。黄身は固まってました。
 2回目・・・見事トロッとした卵が。。。と思ったら黄身もトロトロ。

 お湯に漬けておく時間をもうちょっとシビアに管理した方がいいかもしれないようです。



飲食店向け? こういう機械もあるなんて・・ スゴわーい(嬉しい顔)
さていくらでしょうか? 答えはリンク先に。

【送料無料】電気式温泉玉子メーカー EW-150
【送料無料】電気式温泉玉子メーカー EW-150


この値段本当? 1桁多い気がするけど?
ホカホカ温泉たまご器
ホカホカ温泉たまご器
posted by tomozo at 12:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。